最近になって持てはやされるようになったクレジットカード現金化ですが、この方法自体は昔からあったようです。これまでは消費者金融やクレジットカードのキャッシングの陰で目立たない状態だったのが、昨年の貸金業法の改正、その中の総量規制によって金融機関にきびしい規制がひかれました。

そこでこれ以上借りられないという人が増え、キャッシングではない方法で現金を調達しなければ、とクレジットカード現金化に注目が集まるようになったのです。

クレジットカード現金化はカードを売るのではありません。ショッピング枠というのがありますが、その範囲内で商品を買い、代金の一部を現金化するという方法です。

クレジットカードはショッピング枠はキャッシング枠と比べて大きく設定されていますし、限度額も保証されています。キャッシング枠をめいっぱい借りていたとしても、ショッピング枠に余裕があれば利用できることになります。また審査もいりませんので、消費者金融等での借り入れ状況も気にすることはありません。

この方法はクレジットカードのショッピング枠を利用するのですが、現金化の後は商品代金の支払いが残されます。カードの決済方法は普通の買い物と同じですから、いつものように翌月以降に引き落としでの支払いが始まります。

この支払い方法もいろんな種類がありますが、月額を一定にするリボ払いにしている人が多いようです。しかしここで注意したいのが、リボ払いは意外に金利が高いということです。

相場として15%が多いですが、どうでしょう。これが一括払いなら金利がかからないことを考えると、15%もよけいに払うのは損だという気がしないでしょうか。リボ払いなら月額が安いというのもひとつのメリットですが、自分で支払うことを考えると、やはり金利のかからない一括払いがおすすめです。

ショッピング枠現金化ではサイトを徹底比較

これからクレジットカードの現金化を利用しようという時に、何を参考にしたらいいでしょう。いろいろあると思いますが、一番いいのは、実際に業者を利用したことのある人の話をきくことです。家族や知人など信頼できる人ならなおいいですね。でもそんな都合のいいことはなかなかないはずです。

今は便利なもので、インターネットでいろんな情報を集めることができます。クレジットカード現金化の業者もたくさん自社サイトをつくっていて、そこから申し込みもできるようになっています。

まずはそういった所をいくつか見て、クレジットカード現金化がどんなものなのか調べてみるとよいでしょう。クレジットカードの利用分で現金がいくらになるかを表す数値を還元率といいますが、この還元率や業者の登録番号は広告に表示する義務がありますのでどの広告にものっているはずです。こういった情報をチェックしていきましょう。

インターネットの情報は100%信用できるものではありませんから、なるべく多くの情報を集め、いろんな角度から見てみるということが重要です。

たとえば気になる業者の名前を入れて検索するとどういった情報が出てくるか見てみましょう。悪質な業者は具体的に名指しされていることが多いので、そこでふるいわけることができます。

また買い物をする時にその商品について調べると比較サイトというのが出てきます。同じ機能のついた商品でどれが人気があるのか、またどれだけ安く買えるのかといったことがわかるのです。

それに似たクレジットカード現金化比較サイトがクレジットカード現金化についてもつくられており、探すとたくさん出てきます。還元率の高さや現金振込までの早さ、リピート率の高さなどの項目ごとにランキングがあるのも役立ちます。また利用者の感想や口コミ情報をのせていたりしますので見てみるとよいでしょう。