昨年の貸金業法の改正によって、個人の借り入れ総額が年収の3分の1までとなりました。これを総量規制といいます。

これによって消費者金融などで借りることはもちろん、クレジットカードのキャッシングや、カードの更新時に限度額がいくらになるか、ということにまで大きく影響が出ています。

今までは借りられていた場合も、総量規制ではっきりと上限が定められていますので、どうしても借りられないというケースが増えているのです。

規制をしたからといって出費の機会がなくなるわけではありません。社会人なら突発的で避けられない出費というのはありますから、今まで消費者金融やカードのキャッシングを利用していた人は、それが使えないと困ってしまいますね。

貸金業者の方でも法的規制がありますので、貸したくても貸せないという所があるでしょう。そんな状況でどうすればよいでしょうか。違法なヤミ金に走っても無理はありません。

しかしここで考えてほしいのが、探せばいろいろ方法があるということです。ここでひとつおすすめしたいのがクレジットカードの現金化。簡単に言うとクレジットカードで商品を購入し、その代金の何割かを現金にするという方法です。

金券をカードで買ってチケットショップに持ち込むというのも最近は難しくなりました。専門業者の方がノウハウや実績もありますから、それにまかせた方が効率的です。

またその時に見過ごされがちなのが、現金化の後の代金支払いです。商品代金から現金化してもらったのはいいですが、あくまでカードで購入したものなので、後日カード会社に対して支払いをしなければなりません。

その時の金利もカード会社によって変わってくるということで、支払額も違ってきますね。カード現金化に関してはその点もチェックが必要です。

高すぎる換金率には騙されないように

クレジットカードの現金化はショッピング枠を利用しますが、購入した商品の代金の何割かということで、全額を現金化というわけではありません。

業者の方でも商売でやっていることですから、その差額によって収益を上げているわけで、もちろん経費もそこから調達しなければなりません。全額を提供するというのは無理ということになります。クレジットカード現金化ではまずそこを理解できるかということになります。

カードの利用額からどれだけ現金化するかというのを還元率と言って、業者のサイトや広告にものせてあります。当然ながら業者を利用する側にとっては還元率が高い方が嬉しいですよね。

業者を選ぶ時もなるべく全額に近い率でできる所を探したりするでしょう。実際に98%、99%といった還元率をのせている広告もありますから、ぜひここでと思うのも無理はありません。

しかし先に言ったように、業者の利益というのもありますから、なぜそれだけ高い還元率になっているのか確認する必要があります。たとえば利用額が高い場合、現金の振り込みまで時間がかかる場合に還元率を高くなっている傾向が見られるのは確かです。

それにしても多くの業者で95%が限度としている所で98%あるいは99%といった還元率は現実的でしょうか。本当にそれだけの額を業者が振り込んでくれるかどうか、ということです。宣伝するだけして実際は詐欺だとしたらとんでもないことです。

実際に業者に連絡して確認することもできますので、直接きいてみるのも手です。その時にごまかされたりきちんと対応してもらえなければ、この業者はあやしいとわかりますね。

その業者の評判がどうかということも調べてみるとよいでしょう。クレジットカードの現金化は最終的には自己責任ということになりますので、自分でしっかり確認することが重要です。