カードとはクレジットカードのほかにもさまざまな種類が存在します。そこでどのようなカードがあるのか以下にまとめてみました。

色んな種類のクレジットカード

  • クレジットカード
  • 品物を購入する際カードを提示し、支払いは後から指定の銀行口座から引き落とされる。決済までの期間が長い。

  • プリペイドカード
  • 最初にカード自体を使用したい金額分の金銭で購入し、その金額分の品物やその金額以上の品物を購入することができるカード。利点としては現金払いより便利に取引ができ最初に金額を支払うため使いすぎるという点がない。

    また、カード発行者にとっては前払いとなるのでその後、全部使用されない場合もあるり現金も先に手に入るという利点がある。例として挙げられるのがギフト用に使われているマックやスターバックスのカード、テレホンカード、イオカードなどである。

  • キャッシュカード
  • 自分の預金口座からお金を引き出すこのとできるカードで銀行窓口だけでなく各ATMやコンビニなどでも使用できる。

  • デビットカード
  • カード利用の際に審査は無く、もともと持っている自分の指定口座から即座に引き落とされるため口座残高にある金額分しか使用ができないが、今使用しているキャッシュカードを使用することができる。決済の期間が短く、預金の残高がなくなると使用ができなくなるため許容範囲内での使用することができるという安心点が上げられる。

  • ローンカード
  • 決まった限度額の範囲内で借り入れのできるカードで、決済日に分割払いをすることができる。利息が高いので支払いが困難になることもあるカード。

  • IDカード
  • 社員証や学生証、健康保険証、会員証など身分証明を目的とするカードのことを言う。最近ではクレジットカードを兼ね備えたカードもある。

  • ポイントカード
  • 買い物の際に提示すると支払額に応じてポイントが付くカードで、ポイントをためる事で買い物の際値引きした価格で購入できたり、他の商品と交換することができる。

お店ごとに発行されるカードがありあまり使用しないとポイントが消えてしまったり財布の中もカードだらけになるデメリットがあったが、最近では提携したお店でポイントをつけることができ共通のカードにポイントを貯めることが可能なカードもでてきている。

それらのカードを日本語訳で簡単に並べてみると以下の内容となる。

  • クレジットカード=後払いカード
  • プリペイドカード=前払いカード
  • キャッシュカード=現金カード
  • デビットカード=即時払いカード
  • ローンカード=借金カード
  • IDカード=身元証明カード

クレジットカードの注意事項

キャッシュカードを紛失してしまうと他人に勝手に使用され銀行に預けていたお金を全部引き出されてしまいます。そこで銀行側に訴えたとしても銀行側はお金を返してはくれないでしょう。

同じようにクレジットカードを紛失した場合、他人に勝手に使用されるとクレジットカード会社は損害を補償してくれます。このようにクレジットカードだと紛失した場合の対応が安心できるようです。

キャッシュカードにもクレジットカードにも暗証番号がありどちらも他人に悪用されないような番号を設定しますがクレジットカードは使用する際その番号がいらなかったり、サインのみで使用できたりします。

近々、キャッシュカードもそういった被害を補償しようという動きがあるようです。最近ではカードを利用できるお店や利用する消費者も増加し、今や一人で何枚もカードを所有しているのが現状です。なのでこういったケアや補償は消費者からすると是非導入してもらいたいものです。