クレジットカードはショッピング枠のほかにキャッシング枠も設定されていますが、キャッシング枠の方がだいぶ小さいですね。ちょっと借りるとすぐ枠がいっぱいになってしまって、これ以上借りられないという方は多いのではないでしょうか。

また昨年から始まった総量規制で、借りた総額が年収の3分の1以上になると新しく借り入れができなくなりましたので、クレジットカードをつくってもキャッシングはできないというケースも出ています。

そこで現金が必要な時はどうすればいいのかということで、クレジットカードのショッピング枠現金化が注目されています。

最近は雑誌の広告やインターネットでもたくさんの業者が宣伝しているのを見かけます。どこにしたらいいか迷ってしまいますね。クレジットカード現金化は消費者金融と比べると専門業者が出てきてあまり時間が経っていませんので、まだこれといった大手会社というのがありません。

この業者の実績はどうなのかというのは調べてみないとわかりません。目安としては登録番号で確認できますので、調べてみて下さいね。

クレジットカード現金化は最終的には自己責任です。カード決済が終わると現金化の後には代金の支払いが待っていますが、これは現金化業者ではなく、カード会社に対する支払いになります。

ここで悪質な業者にひっかかってしまったらどうでしょう。振り込む金額が約束と違っていたり、また1円も振り込まれないとしたら?これは明らかに詐欺ですが、まだこういった訴えを持ち込む所がありませんので、泣き寝入りになってしまうのがほとんどです。

このような悪質な業者はほとんどいませんが、可能性を想定して、クレジットカードショッピング枠現金化については小口から始めることをおすすめします。そこで業者の対応を確認することです。

ショッピング枠現金化は限度枠を使いきらないように

日常生活の中でも突発的な出費はよくあることです。特に現金が必要だということは意外に多いです。今は誰でもクレジットカードを何枚も持っていて使っていますが、まだカードを使えないお店というのはけっこうあるものです。

買い物以外でも、たとえば病院ではまだカードが使える所は少ないですね。急に体調が悪くなって病院に行かなければならないのに、手元に現金が無ければ診療代を払うこともできません。

そこでこれまでは消費者金融などの金融機関で借りていた所に、クレジットカードの現金化という新しい方法が選ばれるようになっています。これはクレジットカードのショッピング枠を使って購入した商品の代金から現金化するというものです。

これは専門の業者に依頼するのですが、当然ながら商品の代金をすべて現金にすることはできません。現金でいくらになるかというのを還元率と呼んでいますが、これは固定されておらず、業者によってまちまちです。またひとつの業者の中でもいろいろプランを用意していて、還元率もそれぞれ異なっているということがあります。

また現金化の後は商品代金の支払いを忘れてはいけません。分割払いならカード会社の定めた金利にしたがって行いますので、ここでもよけいに支払う分が発生します。

どうしてもそういったコストがありますので、ショッピング枠現金化の際には業者選びも含めてよく検討しましょう。現金化は少額でも受け付けていますから、必要なだけの金額で依頼するのがおすすめです。

リスクを抑えるためというのもありますが、今まで使っていなかったショッピング枠をいきなり限度いっぱい使ったりするとカード会社に目をつけられるといった話もききますので気をつけましょう。