クレジットカード決済はかなり簡単な支払い方法ですが、クレジットカードは契約者本人のみ使用可能となっているためそれがいくら家族であっても使うことはできません。それでは働いていない主婦は審査も通らずほしいカード会社のカードを持つことができないのでは?と疑問に思うかもしれません。そこでカード会社は家族や配偶者のために家族カードという方法で同じカードを発行するサービスを提供しています。

その家族カードとはいったいどういったカードなのでしょうか。以下に解説してみました。

  • 対象者の審査がいらない
  • 家族カードの対象者としては、カード契約者と生計を共にしている家族で対象年齢は18歳以上とされています。そしてカードを発行する際に審査されるのはカード契約者のみで済みます。なので家族は審査無くカードを作ることができるのです。

  • 年間費に関して
  • ほとんどの家族カードは年間費が優遇されていて、無料だったり安かったりします。

  • 支払方法について
  • 支払方法としては同じ指定口座から一緒に支払われることとなります。そこで注意しなければならないのが限度額です。本人の限度額については引き上げられることはないので従来の設定金額が家族カード分全部の金額と合算となり、みんなの使用状況を把握しておかなければなりません。

    利点としては明細書が一緒のため、誰が何に使用しているのかという使用状況を確認することが可能です。なので、こっそり使用したり高額の品物を購入することを防ぐことができるかもしれません。

  • 保険やサービスについて
  • 基本的にサービスや保険についてはカード本契約者と同様の内容となっています。国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険などが標準で付帯されているのがほとんどです。

  • ポイントについて
  • 家族カードの請求も本契約者に合算されるので効率よくポイントを貯めることが可能です。メインカードを決めるということでもポイントは貯めやすいので家族でためることにさらに多くのポイントを貯めることができるのです。