クレジットカードはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、キャッシング枠の限度いっぱい借りていても、ショッピング枠を使って現金化することができます。それがクレジットカード現金化です。

その場合には業者の設定する還元率によって、最終的にいくら現金になるかというのが決まります。その還元率はキャッシングや消費者金融での融資の金利とは違うものになっています。

しかし問題なのは、現金の振り込みの後には購入した代金の支払いが待っていることです。カード決済したので、後日カード会社に対して支払いしなければならないということです。

油断すると忘れがちなのですが、この支払いがきちんとなされないと、カード会社に目をつけられてしまいます。現金化は違法ではありませんが、通常カード会員規約では換金目的の使用は禁止となっています。これによって強制退会になると、カード利用自体できなくなってしまうので気をつけたいものです。

この最終的な支払いの時には、カード会社で定められた金利によって金額が決まります。これは日常生活の中でカードで買い物をした時と同じなので、支払い方法も一括払い・分割・リボ払いと選ぶことができます。ということは一括払いだと金利がかかりませんので、支払い総額は最も安くなりますね。

ですからクレジットカードを現金化する時でも、商品の支払い方法は一括払いの方がお得と言えます。分割・リボ払いと比べると月ごとの負担額は増えるかもしれませんが、合計額はかなり違うと思います。

計算して比べてみるとよくわかります。よってどうしても無理という時でない限り、一括払いにしておくことをおすすめします。現金化する金額も支払いができるかを考えて決めることが重要です。

サイトの宣伝文句とショッピング枠現金化の違い

この頃はインターネットでもよくクレジットカード現金化の広告を見かけるようになりました。業者は前からいましたが、目立つようになったのは最近でしょう。

その理由として昨年の貸金業法改正が考えられます。この法改正の大きな柱として総量規制があり、個人の借り入れ総額がその人の年収の3分の1までと決められました。そのせいで多重債務者など、これ以上お金が借りられないという人が出て困るようになりました。

しかし法律が変わったからと言って、問題がなくなるわけではありません。お金が必要だという状況は変わりませんので、借りられないとしたらどうにか別の方法で用意しなければなりません。

そんな中、合法で手早く現金が調達できる方法としてクレジットカード現金化が注目されるようになったわけです。

以前は飲食店等でカードを使う時の裏技として行われていたのが、専門業者が現れ、さまざまなサービスを提供することになりました。クレジットカードの換金目的の使用は会員規約で禁止されていますので、素人が自分でやろうとするとリスクがあります。

独自のノウハウ・実績のある業者にまかせた方が安心と言えます。業者の側でもそういったニーズを開拓しようと、さまざまなプランをそろえ、インターネットでの申し込みを受け付けていたり、いろんな所に広告を打つなどして企業努力を行っています。

たとえばランキング式の広告サイトを見たことがないでしょうか。似たような業者ばっかりのっているようなランキングや比較サイトがあって、要するに宣伝なのだなというページもよく見かけます。

書いてあることが全て真実とは限りません。クレジットカード現金化は自己責任になりますから、業者の宣伝文句をうのみにせず、情報を集めてよく検討することです。