今日、私達の買い物にクレジットカードの存在は欠かせません。クレジットカードは商品を購入する際カードを提示することで支払いを済ませるという買い物方法ですが、他にもクレジットカード会社からお金を借り入れる使い方ができます。

具体的に説明すると消費者金融から借り入れるようにカード会社からお金を引きだしたり口座に振り込んでもらったりする方法です。

クレジットカードにはキャッシングという制度とカードローンという制度の2つの言葉があります。似ている言葉ではありますが意味合いは違ってきます。

2つの言葉について以下に簡単にまとめてみると

  • キャッシング=一時的に利用、金利は高くなる
  • カードローン=分割払い、金利は低い

といった制度となります。

使い分けるとすると、その場で一時的な金銭が必要になった場合に使用するのがキャッシングで短期的に借り入れをする方法とカードローンは住宅ローンやマイカーローンなど大きなものを購入する際に計画を立てて、支払いは分割して払うとう借り入れ方法となります。

このふたつはどちらも金融会社からお金を借り入れるという点では同じですが細かくみてみると異なる点があるようです。

明確な違いはないのですが、キャッシングは支払い方法が一括で使用した金額分を翌月、指定された預金から支払われます。また、リボ払いや分割払いも取り扱っている金融業者もあります。

カードローンは一括であっても分割であっても金利が発生し、決められた金額内で借り入れることが可能、また、カードローンは各金融会社がライフスタイルにあったプランも提供しています。

どちらも申し込みの際に限度額が決められていますが、カードローンはショッピングに使用する金額とキャッシングに使用する金額が分けられているのに対し、キャッシングは決まった金額でどちらの使用も実施するため、決められた金額すべて買い物で利用してしまうと借り入れをする金額分が無くなってしまいます。